kanina [a short story 2]特設ページ

投稿日:

多分一昨日ぐらいに開設したんですけど
9月20日発売の
kaninaのセカンドアルバム[a short story 2]の
特設ページを作りました

http://kanina.jp/ss2sp/

おかげさまで、たくさんの人に「いいね」押してもらって
有難い限りです

よりよいページにしようと
jQueryだとかJavascriptだとかで
いろいろ仕掛けを作ろうとしたんですけど
ことごとく失敗して
結局Amazonのページのiframe入れるだけにとどまってしまいました・・
あげくにSafariでしか動作確認していないので
他のブラウザはどういう具合になるかわかりません・・
たぶんChromeとかFireFoxは問題ないと思うんですけど
IEはもう無視です、すいません
なんというか、もう拒否反応が・・
しかもうちにはWindowsはXPしかないので
IE8以降の動作確認ができないんですね・・

というweb屋的なお話はおいといて

ページを作ってる時に
アルバムのレコーディングや製作に関わってくださった方のお名前や
コメントを寄せてくださった方のお名前が
ずらっと出て来るわけですね

ああ、こんなにもたくさんの人に協力してもらったんだなぁ、と

そして、ツイートボタンやらいいねボタンも導入してるんですけど
TL見ててもいろんな方がツイートやリツイートしてくださったり

ほんと、ちょっとなんです
70億人ぐらい人間がいて
わたしの事を知ってくれてるのなんて
ほんの一部なんです

だけど、それでも
9月20日を楽しみにしてくださっている方がいて

なんか
心から、よかったなぁと思うんです

だからもっと
正直に生きたいなぁ、と

楽しい時には楽しいと
辛い時には辛いと
正直に

うわっつらのかっこいいこともいらないし
うわっつらのネガティブもいらない

いつだって本気で楽しんでるし
いつだって本気でへこんでるし

きれいなものに憧れて
手を伸ばしているけど
全然とどかなくてやきもきしているのが
自分の姿で

夢みたいなことばっか考えて
現実をおろそかにして
後悔ばっかしてるのが
自分の姿で

よくここにも書きますが
ここの文章は人に対して何かを言いたい場合もあるんですけど
たいていが、明日の自分へ今日の自分からのメッセージなんです

明日の自分が
一年後の
十年後の自分が
これを見て、何を思うのか

つまりこれもひとつの
「もうひとりの自分」なんです

もうひとりの自分
今回のアルバムのテーマです

それが故にアーティスト写真は
白い自分と黒い自分が一緒に居ます

誰かの役に立ちたい
誰かに必要とされたい
そう思ってもがいてた時代
自分自身の事になんて目を向けなかった

そういう時に気づいた
辛い時も苦しい時も
一番近くに居たのは
自分自身だってことに
でもそういう時って自分自身を見ないんですね

なんでもかんでも他人の所為にして
自分はこんなにも辛いのにって

自分自身を否定してるんですね

だから
外に何かを求める前に
自分自身
汚いとこばっかりをまかせっきりにして
くたばる寸前の
自分自身に
手を差し伸べるべきなんじゃないかって

そういう、物語でした

っていうお話です

だいぶ話がそれましたけど

まぁ、よければ
視聴してみてください
そしてぽちっとツイートしたり
いいねを押してみてください
中の人はとっても喜びますw

数が重要なんじゃないけどね

あと、ここの右にAmazonのリンク貼りました
予約受付中です
でもAmazonで買うと特典は付きません
各店舗で買っていただくと
なにかしらの特典がつくと思います

そしてその特典を
今から作るんですけどね・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です