a short story 2

投稿日:

どれほど歩いたのか、
もう彼にはわかりませんでした。
He didn’t know how far he had walked.

気がつくと、目の前に小さな洞窟がありました。
He noticed there was a small cave.

疲れた身体を休める為に、彼は洞窟の中へを進んでいきました。
He entered the cave to rest his tired body.

光の届かない暗い洞窟の中で、彼はまた孤独を感じました。
The dark cave where light doesn’t reach and He felt loneliness again.

「この広い世界で、僕は必要の無い存在じゃないだろうか?」
[I might not be necessary in this wild world]

天井の穴から月明かりが照らしました。
Moonlight shone in through a hole of the cave.

足下にある水たまりに、彼の顔が映りました。
His face reflected off the puddle.
「水の中にもう一人の僕がいる」
[Another me is in the water]

彼は水たまりに映るもう一人の彼が、彼自身を必要としている事に気づきました。
He noticed that his other self in the puddle needed him.

物音がしたので、目をやると
The noise rang.He looked over.
一匹のウサギが横たわっていました。
A rabbit was lying down.

「どうしたんですか?」
[What’s wrong?]

と彼が声をかけると、ウサギは言いました。
He talked to the rabbit and the rabbit answered.

「私は病魔におかされていて、もうすぐ天に召されるでしょう。」
[I’m sick,maybe I’ll go to heaven as a twinkling star soon.]

苦しむウサギを見て、彼はウサギを助けたいと思いました。
He wanted to help the suffering rabbit.

しかし少年は何も持っていませんでした。
But he didn’t have anything.

「僕は何も持っていません。せめて僕にできることをさせてください。」
[Please at least let me do tha things that I can do],he said.

少年は両手で水を汲み、ウサギに与えました。
He scooped water and gave it to the rabbit.

そして傍らで頑張れと励ましました。
He sat beside the rabbit and helped him.

虫の声すらしない深夜
Quiet midnight.When even insect don’t cry.

「もう何もしないで良いよ、私は運命に逆らわない。さようなら少年」
[You need not do anything any longer,I won’t quarrel with fate.]

そう言ってウサギは息を引き取りました。
The rabbit spoke and was gone.

少年は声を上げて泣きました。
The little boy cried.

ウサギの死を悲しみ、自分の無力さを嘆きました。
He grieved for the rabbit’s death and grived over his own powerlessness.

「僕に力はないけれど、彼は僕を必要としなかった」
[I have no strength,he didn’t need me]

背後から声がしました。「君は充分やった。」
He heard the voice from behind.[You did enough]

息をひそめ、すべてを見ていたカエルが言いました。
The frog said he had seen everything.

「私は君よりも何もできなかった。」
[I’m not better at anything more than you.]

明るい日差しが降りてきて、やがて夜が明けました。
[Bright light came and shone in.The morning dawned.

少年はカエルに言いました。
The little boy said to the frog.

「僕があなたにしてあげられる事はありますか?」
[Can I do anything for you?]

「私はここへ来た時に、足を悪くしてしまったのでもう外へ出ることができない。
[My feet sore so I can’t go outside from here.]

もう一度外へ出て、草のにおいをかいで空を見上げたい。」
[I want to smell the grasses and look up at the sky again]

少年はうなずいて、カエルを大事に抱きかかえ洞窟の外へ出ました。
The little boy nodded.He gently held the frog and went out for the cave.

燃えるような金色の日差しが彼らを包み照らしました。
Golden light like frames shone on and held them.

「ありがとう、君に出会えたので私はもう一度外へ出ることができた。
[I wish to express my gratitude to you,I was able to go out again because I met you]
私にとって君は必要な人間だったのだよ。」
[You were necessary for me]

少年は嬉しくて、静かに涙しました。
The little boy was grad and wept quietly.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です