One

投稿日:

オリジナリティーというのは
どこにあるのだろうか

日々、いろんなものを見て、聴いて、触れて
言葉は悪いけど、はいて捨てるほど物にあふれてて

その中で、自分は自分
そう言えるものが

自分は自分、そう言ったとしても
70億人ぐらい人間がいるから
やっぱどこかしら似てたりとか

悲しいかな、似てるものを探してしまうのが
人の性で
「あれって、アレに似てない?」って思ってしまう

誰にも無くて、自分にしかないもの

もうコードだとか、楽曲だとか、声だとか
そういうもんじゃないのかもしれない

自分の人生そのものなのかもしれない

33年間、七転び八起きしてなんとかここまでたどり着いた
人生そのもの

人生そのものを
カタチにするしかない

それがそうだと気づかれなかったとしても

嘘は一切ついていない
自分自身に起こったことを
あえて客観的な視点で書いたものが

物語、なんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です