2013年を迎えて

投稿日:

気づけばもう1月も真ん中を過ぎてる

特に何かをしていたわけじゃなく
ただ時間だけが過ぎていった

去年の夏からずっと抱えているもやもや感
すこしだけ晴れたと思ってたけど
根本的な解決には至ってなくて
年明け早々からずっと鬱屈している

年末は家庭の事情で実家にしばらく帰ってた
身体を休めに帰ったわけではなく
どちらかというと働きに行ったので
本当に疲れた
東京に戻ってからしばらくは眠りこけて過ごした

17の頃くらいからやってたバンドは
簡単に言うとメンバー内の不仲で道半ばに解散した
そっから「自分でやらないと」と思って歩き出してからもう10年以上か

10年やっても
たいして何も変わってない
相変わらず金はないし、生活は不安定だし
歌もうまくないし楽曲もたかがしれてる

いっそやめてしまえば楽になれるのに
欲しがってた「あたりまえの幸せ」みたいなものも
手に入るかもしれないのに

だけど、それができない
できるはずがない

今までいろんな人に支えられて
なんとかやってきた
決してひとりでやってきたわけじゃない
だから途中で投げ出すなんてできるわけがない

それができないから、辛い

作り続けること
ただそれだけ
それでいいと思ってた
それに、作ることそのものに幸せを感じてたから
心の赴くままにやればいい
そう思ってた

だけど自分の中で何かが変わった
たぶん東京に来てからだと思う

日本で一番人間がいる場所
そん中に放り込まれた時に
自分っていう人間がいかに小さくて
目を凝らして見ても見えないくらいの存在

スーパーで一山いくらで売られているミカン
その一山にすら入っていない

それを悲しいことだと思うようになってしまった

周りのみんながどんどん進んでいく中で
自分だけ取り残されているような感覚

いつの間にか
「やりたい」が
「やらなくちゃいけない」に変わってた

作りたくないんじゃない
音を鳴らしたくないんじゃない

「しなくちゃいけない」と思ってしまう自分の感情が
それを持って生きることが辛い

でも、この感情を持った上で
目の前にある壁を乗り越えないと
もう進めないって事に気づいた

逃げ出すのは簡単、だなんて誰が言ったんだろう
一番むずかしいことだと思うけどな

うん、何が言いたいのかよく分からなくなってきた

悪い事ばっか考えるのは
体調が悪いからってことにしとこう
実際、悪いしね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です