廃人

投稿日:

夏から続く恐怖感がぬぐえないまま
廃人のように過ごしてる

上っ面は普通を装えるだけまだましか

でも、内面はもうけっこう笑えないところまできてると思う

他人の所為にして逃げてたけど
本当は自分の所為

これ以上は、自分自身に打ち勝たないと進めない

しばらく何も書かなかったのは
書く気力がなかったからです
弱音しか出てこないんだもの

1年後の自分へ
今あなたはこの問題を乗り越えられましたか?

どうだろうね

たぶん、自分は
まわりのみんなほど音楽が好きじゃないんだと思う
今の自分は音楽が怖くてしかたがない
なのに、嫌いになれない
「こんな楽曲が作りたいな」とか考えてる
嫌いになれない
いっそ捨てられたら楽になれるのに

絶望はまぶしくて柔らかくて甘くて妙に優しい
そんな感覚を遺したいと
そう思ってしまう

これからどこへ向かうんだろう

誰かに手を差し伸べてもらうのを待っても仕方ない

自分で何とかするしかないの、わかってるけど

もうどうにもこうにも身体がうごかない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です