台灣觀光2012年秋季

投稿日:

你好!
10月1日から10月4日までちょっと台湾へ行ってきました
前回4月に行った時はライブだったのであまり観光ができなかったのですが
今回はみっちり観光してきました

出発前、航空券と宿泊施設は
ツアーになっているものじゃなくて、別々でとりました

航空券はスカイゲート
燃料費と諸々合わせて35,000円くらい
チャイナエアラインです
宿泊は住宅便利屋
3泊6,500円くらい

10月1日、始発に乗って羽田空港まで
7時のフライトです
荷物が少ないしひとりなので搭乗手続きは早く終わった
免税店ではちゃんとたばこを買う
半額ですからね


いざ出発
前日の台風が嘘のように快晴
富士山が見えた


機内食
チャイナエアライン、行きの便は
そんなに不味いこともない


松山機場10時に到着
ここからは地下鉄(MRT)に乗って移動します
台湾が電車が安い
初乗り20元(日本円で60円くらい)
悠遊というICカードを買うととても便利
500元で駅で買えます


台北車站
台北のメインの駅です


コンビニでカフェラテを買う
なんかシャンプーの入れ物みたい
30元、電車より高い


今回泊まったのは忠孝復興にあるゲストハウス
兎に角安い


忠孝復興の街


お昼ごはんを忠孝復興のゲストハウスの近くで食べた


スープというか、あんかけのようなものがかかった麺で
大根の漬物のようなものをかけて食べます、70元


次に向かったのは國父紀念館
ICE MONSTERというかき氷のお店です


お店の入口にこんなステッカーが貼られてた
嬉しかったので写真を
誰かがマジックで「謝謝台灣」と書いたみたい


サービスで出てきたのはジャスミンのかき氷
さっぱりしていておいしかった


メインはこれ
マンゴーのかき氷
200元
とにかくマンゴーづくしです


台北101を眺める


國父紀念館、メモリアルホール
台灣の歴史が学べます


兵隊さんが何かやっていた
平日なのにすごい人だった


今度はMRT、淡水線に乗って淡水まで
MRTで30分くらい


淡水の駅
派手です


淡水河という大きな川沿いにある街
そして河川にそってお店が並んでいる


淡水の街並み


台灣は沖縄よりも南にある国なので
植物もなんだか熱帯っぽい


ぶっちゃけ、川はあんまり綺麗ではないです
でも景色はよい


猫の置物があった
近くに猫も居た


サギでしょうか?


いわし雲(?)が美しい


現地の釣り師発見!
何を釣っていたのか謎ですが
ボラが跳ねてたのを見たので
おそらくボラでしょう


夕日
観光客がいっぱいです
みんな夕日の写真を撮っていた


ねこさん発見!!
黒猫はピント合わせるのが難しい


iPhoneでパノラマ撮影、淡水


煮玉子を食べた
10元


日もくれて淡水はこれでおしまい
夜行ってみるのもいいかも


またMRTに乗って、淡水線の剣潭で降りて
士林の夜市へ


評判が良いらしい炒飯のお店
オカンがせわしなく炒飯を作ってた


テイクアウトもできるお店
けっこう人が並んでた
場所は剣潭の駅からちょっといったところ
myphoneの近く


海老の炒飯をいただく


台灣といえばの夜市
毎日2時ぐらいまでやっているらしい


喉がかわいたのでお茶を買う
この烏龍茶は鉄板です

10月2日
ゲストハウスの近くのコンビニで朝ごはんを買う


台灣には、セブンイレブンとファミリーマートがあります


基本、ビニール袋はくれません
かわりに七夕の飾りみたいな、ふしぎなものをくれます


鮭と明太子のお茶漬け
55元

のろのろと準備してまたMRTに乗り
板南線の龍山寺へ


駅からすぐのところにある龍山寺


日本のお寺とは違って、台灣のお寺は色彩が派手!


台灣は道教の国
ちょっとしきたりが違うので
お参りの方法はわかりません・・


1738年創建らしい
何回も立てなおして今に至るとか


平日でも人いっぱいです
道教の人は信仰心が高いのかしら?


お供え物


これは占いのようなもので
願いながら対になっているこれを投げる
両面が揃うと、どうだったか
揃わないとどうだったか
ちょっと忘れた


平日でもたくさんの人が来ていました


これもお供え物


そもそも道教というのがどういうものなのか知らないので
ただ写真を撮っただけ・・


鯉でしょうか?

龍山寺の駅の外で、どこ行こうか考えてたら
現地の人が道を聞いてきた
だけども台湾華語喋れないので何も言えず・・


龍山寺から歩いて小南門まできた
そこからMRTに乗って中正紀念堂へ


例によって派手な建物


門でしょうか?なんでしょうか?


実に派手です


またMRTに乗って、台北車站へ
外は熱いので地下街をぶらつくことに
中野のブロードウェイですか?というくらいにカオスだった
萌え系のグッズが売っていた


西門で杏仁豆腐をいただく
日本にはたぶんない、温かいタイプの杏仁豆腐


MRTにまた乗りまして
台電大楼で降りる、そこから南へ下って
徒歩10分位で、海邊的卡夫卡へ
カフェ&ライブスポットで
本やCDも売ってる


お店のメニュー、おしゃれです


カフェラテとキャラメルマフィンをいただく

忠孝復興のゲストハウスに戻って
寝ようかと思ったけど、おなかがすいたので
深夜のコンビニへ・・


安定の日本食・・
65元、安い

10月3日
早起きして気合を入れて九份へ


ゲストハウスの階段


朝ごはん


台灣は朝、豆乳を飲むそうです
甘く味付けしてあるのが主流

台北から九份へはバスやらタクシーを使います
忠孝復興駅の1板出口を出て、SOGO向かって左後ろにバス停があります
1062系のバスでだいたい1時間ぐらい

バスに乗るつもりだったんですが
タクシーの強引な勧誘にひっかかって
あいのりで200元で九份へ

台灣のバスやらタクシーは運転が粗い
完全に車酔いで九份に到着


九份は山の斜面にある街
海が一望できます


お天気に恵まれ、景色は最高です
地球って丸いんですね


バス停からすこし歩くと
商店街が見えます


商店街の入り口に地図があります


とにかく観光客でいっぱいです
やたらめったら人が多い


九份には、路地フェチにはたまらない路地がいっぱい


とにかく路地はすばらしい


にがうりのジュースが飲めます(台北でも飲めますが)
でも飲んではいません


オレンヅヅュース
この間違い方、鉄板


そしてカラフルな街並み


犬がだれてた


犬がだれてた2


商店街はちょうちんがいっぱいぶらさがっています


空がまぶしい


またしても犬がだれてた


10分ぐらい歩けます


九份は斜面にある街なので
坂や階段が多い


有名な「九份茶坊」という店先で
お茶を飲もうと思ったけどあきらめた


車だめって看板があるけど
狭い路地を余裕で車が走ってきます
あとバイクも走るのでご注意を


グァバジュースの横の店がねこまみれだった


セクシーねこ


ねこまみれです


ねこまみれです2


海からふく風がきもちいい


商店街はここでおしまい


道教の祭壇でしょうか?


景色の良い場所でひとやすみ


台灣は暖かい国なので、フルーツが豊富
こちらはグァバ


グアバしる
間違っちゃいないけど・・


グァバジュースを購入、80元
ちょっと高い
なぜかドラえもん


休んでたらねこが乱入してきた


坂を下る


斜面にならぶ建物


廃墟感


これも道教のお寺


龍やらなにやらいろいろな造形


サイケデリック極まりない


空の青と建物の赤の具合が美しい


桃太郎のような、なにか


ゴージャスです

2時間ぐらい観光して台北に戻る
地図がよくわからなかったので行けなかったけど
千と千尋の神隠しのモデルになった建物だとかがあるみたいです
九份は基本的に英語も日本語も通じませんので
筆談がおすすめかと思われます

MRTに乗って南京東路へ


こちらのお店で、水餃子をいただく


名前は忘れた、あんかけのスープ
酢が入っているのでちょっとすっぱい


肉巻き
基本的に牛肉は八角(Star anise)で味付けされているので
八角が苦手な人は無理かも


粟のお粥


そして水餃子
台灣の餃子はにんにくは入っていないようです

MRTで公館まで
ちょっとTHE WALLにご挨拶


すごいデブいぬがだれてたので、ちょっかい出したら噛まれた
デブじゃなくて妊婦だったのかもしれません


南国なので当然あります、フルーツの王様ドリアン
切り身が売ってたので臭ってみたけどとんでもなく臭かった


そして夜の徘徊


何か食べようと思って外を徘徊したけど
飲み屋しかやってなかったのであえなくコンビニ
ただのカレーです

10月4日
とりあえず朝ごはんを求めて徘徊


朝から肉屋がやってた


忠孝復興にもなかなか素敵な路地があります


朝といえばの豆乳(豆漿)
だいたい10元ぐらい


路地


お昼ごはんに、國父紀念館で
ポピュラーな台湾料理、牛肉麺をいただいた
パクチーに八角と、日本人の嫌いそうなもの盛りだくさん
この2つが苦手な人は牛肉麺やめといたほうがいいです


中正まで行って、またマンゴーをいただく
台灣はマンゴーが有名
ただ10月はシーズンじゃないので生の果肉はあまり売っていません

こんな具合で街を散策した後
松山機場へ

18:10のフライトで日本に帰る


そして機内食
日本から来る便は機内食普通ですが
帰りの便はあまりおいしくない

台灣は食べ物が豊富
食べ物屋があちこちにあるので
食べ歩きが好きな人にはおすすめ
ただ、味付けはあまり日本人向けではないので
とにかくパクチーと八角が苦手な人は
水餃子、小籠包なんかにしたほうがいいと思います

あと甘いものもたくさんあって
かき氷は有名、いたるところにお店があります
豆系のかき氷は食べてないのでわからないですが
フルーツ系のかき氷はまず間違いない

今回の旅で
航空券35,000円、宿泊費6,500円
滞在費9,000円使いました
物価は1/3程度なので、滞在費これだけケチってもけっこう遊べます

言語ですが、英語はほぼ通じないです
通じるのは台北のホテルや大きいお店くらい
台湾華語(または北京語)がわからない人は
スマホなどを使って筆談がいいと思います
台灣の人はけっこう親切で
カタコトの日本語なら喋れる人が多いです

日本人は漢字が読めるので
行動は問題なくできます
電車に乗っても行き先などは漢字なので
だいたいの事がわかります

台北市内はけっこうたくさんWi-Fiが飛んでます
使えないものも多いですが、フリーのものもあります

ちょっと近所の外国
下手すれば国内旅行より安いので
めちゃくちゃおすすめです

ともあれ、こんな感じの台灣旅行でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です