還る

投稿日:

どうしても海が見たくなった
そう思ったのが
不眠のまま迎えた朝8時

そして
眠る

とりとめのない夢をみて
目覚めた13時

あの海岸へ行こう

ついでに
骨回復の報告に
あの人に会いにいこう


湾岸線を走る
アクアラインを走る

丁度干潮で
東京湾、砂地が露出しているのが見えた
幸運
アクアラインはよく通るけど
タイミングがなかなかあわずにめったに見られない


懐かしい道、大多喜街道を通って
部原海岸

サーファー達は波を待っていた
わたしは海を眺めてた


そういえば、よしお
海を見たことはあっても
海岸に行ったことはなかったな
そう思って連れてきた
というかついてきてもらった

案の定、波の音にびびってた


16時の、海
そういえば日も長くなったな
大好きな冬はもう終わったらしい



あしあと
今日、わたしはここへきた


日が落ちていく
ほんの、一瞬の出来事
毎日の中での、ほんの一瞬の出来事

そう、ほんの一瞬なんだ


トンネルの先にあるのは
大好きな人たちがいる街、海

でも、いつもそうとは限らない

暗中模索の先の結果が、常に吉とは限らない
それは自分自身でどうにかできる場合もあるし
そうでもない場合もある

今日、勝浦に行って
本当に良かったと思う

音楽や写真や絵
酒や肉や釣り
なにかの共通点で接点をもった仲間がいる

そして、その仲間に
会いにいく事のできる身体がある

東京?大阪?
いいや、日本、世界
どこへだって行ける

わたしはあなたに
あなた達に会いたい
いつも笑顔で迎えてくれる、あなた達に

そして
今日共に旅をした
いつも一緒にいるよしおに
ありったけの感謝を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です