横濱と崖のお話

投稿日:

6日は横濱にカルメラがライブで来てるというので
電車に乗って行ってきました
VJミッキーとkatyと合流して野毛のなんとかとか言うおでん屋で一杯やって
そっからJAZZ SPOT DOLPHYへ


カルメラのあっちゃんセッテイング中
(写真のっけちゃってよかったかしら・・?)
うわさには聞いてたけど
あれ?このスタイル・・・
どっかで見たことあるような・・・w

実際、あっちゃんの話では
対バンした時に「これは!」と思ったらしいです

生で見たのは初めてで、笑えたので
速攻でご本人に写真付きでお知らせしましたw

 
カルメラのライブ、ドラムはユウスケくん、ベースは駱駝で
サポートメンバーやのに
すごい良い感じでした
新しく入ったアルトサックスのつーじーとこばやしくんの2トップが
なんというか、華だなぁと思いました

もっともっとカルメラいけると思う
もっといってほしい

1st album『Hello!!ワールドワイド』
hww_150
iTunes Storeにて全8曲発売中
ダウンロード価格
アルバム価格1600円 1曲200円
iTMSで購入する
itunes_bdg
2010/5/26 CD発売
ORGR-35
CD価格1890円(税込み)
Amazonで購入する

 
そんでその後ミッキー、katy、hirukoさんで呑み
眠いのでネカフェで始発待ちしようとしてたんですが
寝過ごして気づけば7時とか

近くでコーヒー飲んで
電車に乗り込む


千葉から電車乗って、茂原でおろされて
ぼけーっと崖までの電車を待つ

来たのは古いタイプの電車
内装も古ぼけた感じで素敵


木っぽい床もなんかたまらない
近年の電車はなんか無機質
古い電車のほうがわたしは好き


青とクリーム色の電車
かっこいい
フォルムもなんかいいしね

改札と呼ぶにはあまりに寂しいところで
SUICA通したら残金不足で
どうしようってなってたら
駅員さんが券売機でチャージしてからもっかい通してって
一回外に出る・・・
自動改札のない駅・・すごすぎる、ユルすぎる

 
 
iPhoneの方に仕事の催促のメールがわんさかきてたけど
見て見ぬふりして
太東岬へ


岬においてある立て看板をいろいろ記録した
この岬の歴史を知りたいから


前も「機関銃座跡」の看板を一眼で撮ったけど
こういうことらしいです
生々しい戦争の跡地という感じではないけど
こういうことを遺しておくのはとても大切なことだと思う
知らない世代の人間が知るためのもの


この町の、海の記録
葛飾北斎まで出てくるんだからもう実感することができない
遠い遠いお話


ご存知の通り、ここは外房で
完全に外海、つまり波がとんでもない
ということは波による侵食が激しいということ


で、これが残ってる部分
なんのことだかさっぱりわからないけど
何かしらの軍事的なものがここにあったらしい


高台から町を一望


土・日・祝開いている、岬のお店
地域の特産品なんかが帰る
テーブルがあって
座ってるとお茶を出してくれた
おじさんが「あれ食べな、これ食べな」といろいろもってきてくれた


農産物も海産物もなんでもある感じ
太東はたこが有名らしい
明石のたこと並ぶくらいに有名なんだとか


太東岬というのが正式名称なのですが
一般公募で「ヴィーナス岬」という愛称がついたそうです
なんで縁結びになったかというと
この岬で出会って結婚した方が何組もいるからだとか
そのうちの一組はこの灯台が見える場所に住むようになったんだそうな


お店の説明
そう、非営利団体がこの灯台の岬を管理している
おじさんたちは平日は仕事をして
土・日・祝日になると、ここで観光客の相手をする

 
おじさんにいただいたお茶やらコーヒーを飲みながらいろんな話をする
このあたりは本当に波がきついので
波による侵食がはげしくて
この100年で50mも崖が削られたんだとか
今はテトラポットなどですこし侵食の速度は遅くなったけど
もう100年たったらまた灯台の位置を後ろへ動かさないといけないだろうとか

よくブログやなんかに写真をのっけている
2つの岩が並んだ海岸があるのですが
雀島だとか雀岩だとかいう名前がついていて
数週間前に来たばっかりのわたしは
最初からあの形なんだと思っていたんだけど
おじさんの話によると
ほんの5年くらい前まであの岩はもともとくっついてて1つだったらしい
たった5年で崩れおちて今の形になったんだそうな
波で下の部分がどんどんけずられて
上から崩れ落ちていってどんどん小さくなる
もう何年かしたらあの岩無くなってしまうだろうって言ってた

大原のはだか祭りの話をしたけど
実は一宮にも同じようなはだか祭りがあって
こっちのほうが歴史が古いらしい
9月の13日だったかな
平日だったりすることもあるので
神輿の担ぎ手が足りなくて大変なんだと

 

この非営利団体の方の手造りの「みさきちゃん」
いわゆる「ゆるキャラ」ですね

おじさんにわたしの職種を話したら
デザイナーさん的になんかマスコット的なのできないかなぁと言われて
「あのみさきちゃんを使ったらいいんですよー」なんて話した
そのうち「みさきちゃんストラップ」みたいなのができるかもしれませんね

なんかすごく気に入ってもらえたみたいで
また来てねといわれた
(さも賑わってるかのようなサクラ的な意味でw)

こうやって地域の人と生の話をしていると
まだ来て数週間なのに
この町にすごく愛着がわいてきた

ギャランティー目的とかじゃなくて
ほんとに非営利な考え方で
わたしも何かの力になれたらいいなと思った

 
 
都会の中だけで金をまわしてたって意味がない
朝ミッキーとも話したけど
地方をタッグを組んで何かをすることで
都会の金が地域に落ちる
たとえば地方で映画を撮るとすると
スタッフの宿泊費や滞在費でその地方にお金が落ちる
映画が公開されればロケ地として知名度もあがる

 
日本どころか世界と繋がるインターネットの時代
他にももっといろんなやり方があると思う

たいしたことができるわけでもない
ただのなんでも屋が言うものなんですけども
社会的な事と、クリエイティブが良い意味でリンクしていけば
もっともっとベクトルは良い方へ向くんじゃないかとか

そんなことを
ずいぶん考えるようになった

0.01でも、0.001でも
こうやってそれを書くことに意味はあると思うし
もっと何かできると思う

 
 
んで、結局あんた何がしたいねん
って言われるんやろな

 
思想を伝えたくて、
人の心であったりとか、物事であったりとかを
動かしたいと思っているだけです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です