崖の日常

投稿日:


ワンマンの告知のあれこれで力尽きて
日付が変わる前に寝てしまって
起きたら、これ

 
あわててUSTとカメラの準備

キレイな朝焼けをどうしても残したかったから


寝起きなので序盤に部屋の中で転んでます・・

 

久しぶりにCTEで撮ってみたり
ピンク色の空が本当にキレイ


水平線から陽が昇るのがわかります
富士山で見た時になんか似てる


ふたたびCTE
太陽が雲の中に入って
雲のはしっこが金色になる


今思えば、Super Takumarでも撮っておけばよかったかなぁ
でも遠くを撮るには向いてないしなぁ・・


太陽が雲からでてきた
ちょこっとレンズフレアが入ってる
USTの方は完全にレンズフレアが入ってた


少しずつISO感度を下げていって撮影
太陽って、本当にすごい
遠い遠い所にある恒星なのに
こうやって温度が届いてくる
陽が昇るまでは寒かったのに
太陽光が身体に当たると暖かい
なんかそれに感動した
 
 
この後、思い立って
近場に釣りをしようと道具を持って行ってきた
波がずいぶん穏やかになってたのだけど
最寄りの崖はそれでも危険なレベルの波の高さだった
釣り師のおっさんがやってきて
いろいろ仕掛けとかを教えてくれた
15分くらいですぐに1匹釣り上げていた
なんとかって魚だけど名前わすれた・・
スズキ目とかの魚かなぁ

サビキで釣りするにはやっぱ港とかじゃないとだめかなと思った


町の公民館のようなところで
文化祭やってるとのことなので行ってきた
盆栽やら絵画やら写真の同好会の人が展示をしている


たぶんこの菊も、同好会かなにかの人が育てたんだと思う
菊を見ると昔を思い出す
ほら、菊人形の街だったので


町の中学生の書道もあったり
ほんとに、地域のって感じだった

写真の展示を見にいったら
首から下げてるPENTAXが気になったのか
写真同好会のおっさんに捕まって
長いこと話しこんだ
今はデジイチしか使ってないけど、昔の古いカメラが好きだと言ったら
おっさんもすごいテンションあがってカメラの話をたくさんした
挙句、同好会は毎月第4日曜日に集まってるから是非きてくれと勧誘された
・・スケジュールが空いてたらいってこよう

 
 
ようやく鍋を買ったので
久しぶりに自炊した
冬は自炊のシーズンだ
一週間食べ続けるつもりでシチューにした
まぁ、具を入れて煮るだけなので楽だというのもあるし

跡は仕事して
日付変わったくらいに力尽きて
みんなに3時に起こしてというものの
数々のコール音にも気付くことなく

結局起きたのは6時とかでした


すっかり朝
「朝までに」の仕事が結局昼過ぎまでかかってしまって
気づけば15時とか

何度も言うけど、崖は夜が来るのが早い
17時にはもう真っ暗になるので
15時からどっかに行こうだなんて発想にはあんましならい
だけども、なんかもったいない気がしたので

近所に発見したパン屋まで自転車で
チャリンコUSTしながら行ってきた


もちろん一眼を持ち歩く
いちいち止まって写真を撮る
崖からちょっと行くともう山
 


道端でみつけた花
これはたぶん誰かが植えたものだと思う


パン屋はもう商品が残り少なかった
でもカンパーニュを買えたのでうれしい
スコーンもおいしかった
近いので通いたいなと思う


いつものところ
あの石の名前がわかった
なんか観光名所っぽいから名前はついてるだろうなと思ってたけど
なんでその名前になったんだろう


電波が悪いのでなかなかうまく配信できませんが・・

 

帰りは自転車に乗らずに押して帰った
そのほうがまわりの景色が良く見えるから
カラスウリとかも見つけたし
いろんな植物をみつけた
けっこうあじさいがはえてる
植えたのかはえたのかはわからないけど
シーズンになったらいっぱい咲くんやろうな
これは野薊かな?よく見かける
海岸沿いにはなくて、ちょっと入ったとこの山のとこに咲いてる

 
そんな、崖での生活
椅子にすわってPCに向かってる時間は
大阪に居たころとなにも変わらないけど
外に出るとやっぱ違うなーと思う、うん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です