Kannski að orðið er ekki til fyrir mig.

投稿日:

昨日からあんまし調子が良くない

 
世間のこの3連休中に片付けてしまいたいことがたくさんあるのだけど
なかなか進まない

一昨日はかなり集中してやれたのだけど
昨日はまったく駄目で
かなり早い時間に仮眠のつもりで寝てしまって
気づけば朝
 
 
返答待ちの件やらなにやらあるけど
とりあえず引越し完了までスケジュール的に
とんでもないことになってるので
しっかりやらないと

 
挿絵のお仕事をいただけるかもしれなくて
原稿に目を通したのだけど
とても切なくなって

 
エンドユーザーの視点じゃなくて
やっぱり何かで関わった作品には
感情移入するパーセンテージが違う
映画「生きている」もそう

「自分の作品」とはまたちょっと違った感覚がある

 
ギャランティーが発生する以上、それは仕事なのだけど
なんだかとても他の仕事をする気になれなくて

 
 
やらなければならない仕事もたくさんあるし
片付けなければならないこともあるし
つくりたいものもある
時間が惜しいくらいの過密した日々なのに

今この瞬間は
あまりなにもしたくなくて

 
ただ脳みそっていうHDDが回転を続けてる

 
わりと本能的に生きている人種ではあるけど
それでも一応オトナなので
抑えている部分も多少はある

 
歩きながら
「もしかして」と
思いを馳せる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です