2010.09.16[Thu]@東京 渋谷屋根裏 [BUSSTRIO LIVE EVENT ]ガール・プロブレム あなたの葬式でわたしが言うべきこと

投稿日:

[Live show]
2010.09.16[Thu]@東京 渋谷屋根裏
[BUSSTRIO LIVE EVENT ]

アルトゥール&サブリナ[live]/kanina[live]/バストリオ[performance]

open/start 19:00/19:30
ADV/DOOR ¥2000/¥2300 別途Drink代¥600

イベント概要

いつも一緒にいる人と何が出来るのかというのを考えてやってきました。
自分がものをつくるというのはいつもそういうことでした。
出会った人たちと、どのようにすればしっかり繋がる事が出来て、
一緒にものづくりが出来るのかをいまも真剣に考えています。
たった一人で何かをしていたら考えなかった事だと思います。

今回、参加してくれる「アルトゥール&サブリナ」は浅草で知り合って、
不思議な縁によって、自分たちが制作した映画『生きている』に
彼女たちが出演してくれるということになりました。
快く参加してくれた二人は、映画の中で素晴らしい演技と
演奏を披露してくれて、そのシーンを彩ってくれました。
そして、大阪から参加してくれる「kanina」というバンドはふとした
ネット上での出会いから、ライブを見に行って知り合い、
今はその映画『生きている』のサウンドトラックを作ってくれています。
そうやって一本の映画は完成に向かっていき、
その繋がりでこのようなイベントを開く事が出来ることは、
自分たちの今までと、これからに繋がる一つのかたちだと思います。
出会いによって作品がかたちとなっていくというバストリオの
歩みの一つの成果として、この一見繋がりのなさそうな三組による
イベントを楽しんでもらいたいと思っています。

渋谷屋根裏 http://shibuya-yaneura.com/
Busstorio http://busstrio.com/

特設サイトhttp://busstrio.com/girl-problem/

ぎりぎりまで仕事したりなんだかんだしたり
22時からスタジオ入って、25時から出発

ここ数日の体調不良もあってか
珍しく運転にキレが無い
まさかのリタイアな感じで、新名神乗ってすぐに仮眠を取った
高速道路走ってるのに
完全に焦点合ってなかった、あぶない

仮眠後はいつもどうりの状態にもどり
足柄SAでまたちょっと仮眠

 
 
渋谷屋根裏は初めての場所
予めいろいろ駐車場情報とかもらってて
意外にもハコから近いPARCO3の地下駐車場が
12時間1800円という、渋谷なのに奇跡の価格でなんか安心した

 
12時INで、プロジェクターの設置やらなんやら

前回ten minutes afterでガールプロブレムの出演者の方には会っていたし
バストリオのわかこさんも今野君も何度も会っていたんですが
今回初めて映画「生きている」の主演の方にお会いできました
なんかサントラ作るのにいっつも見てて
知ってる顔なのに不思議な感じで
まるで芸能人でも見てるかのような気分になった

 
トランペットの管がもう完全に固まってしまってて
チューニングできないし、1番ピストン調子悪いしで
楽器屋でバルブオイルとグリスを買おうということで
リハ前にイシバシ楽器に行きました

そしたらジャンク品ということで
YAMAHAのフルートが2480円で売ってた・・
試奏したけど、今持ってるヘルナルスのやつよりも明らかに鳴る
さすがヤマハ・・そして2480円
これは買うしかない、と思いがけない出費

屋根裏に戻って
トランペットの管をなんとかしようと
ちからのある男性に引っこ抜いてもらおうとしたんですが
びくともしなくて
とにかくなんとかとやってみたら
本来取れてはいけない部分がポロンと取れてしまいました

殉職

リハ前にまさかの楽器殉職

先程のイシバシ楽器で
謎の東ドイツだかのメーカーのトランペットが
4980円で売ってたのを思い出したので
スタッフで来てくれてたお電気おねえさんに一っ走り買ってきてもらった
ここでもまさかの出費・・・

音は良い感じで管もピストンもまぁよい状態
前よりもちょっと明るい感じの音かもしれない
でもま、ケースもついてるし4980円は充分な感じです

 
アルトゥールとサブリナも
映画「生きている」に出演してて、何度も顔を見ているので
初めて会った気がしない
ブラジルのゆるやかな音楽を聴かせてくれた

こんな感じのイベントなのに
でかい音出してしまっていいのかしら、とちょっと心配になった

自分の歌のピッチも気になるし
中音がでかすぎるとりきんでしまうので、ということで
今回初めて左だけ耳栓してみた
耳栓してると頭の中で自分の声が聴けるから
モニターに頼らなくてもいいし

と、思ってたけど
なんかライブ感がなくなるというか、まぁ慣れてもいないので
やっぱ途中ではずした

最近「ライブの気持よさ」が低下してる気がする
音のバランスだったりとかに気を取られて
自分が自分に入り込めてない感じ
後半になってようやくエンジンかかる感じ
しょっぱなからそのテンションで行きたいのだけど

 
 
バストリオの「ガール・プロブレム あなたの葬式でわたしが言うべきこと」は
前回vijonで見たけども
今回またちょっと演出が変わってた感じで
「葬式」と銘打っているけど
わたしには「生への希望」に充ち溢れている作品なんじゃないかと感じる

 
 
 
かるく中打ち上げでいろいろしゃべって
ほんとにはやく「生きている」を完成させたいと思った
撮り終わってある程度編集した段階からの
サウンドトラック制作だったのだけど
なんだか最初から参加してるみたいな気分になって
自分の作品と同じくらいに愛情というか、思いがのっかってきた

イベント概要にあるように
この映画に関わった人たちとこうして共演することができて
ほんとによかったと思う

録りもまだ残ってるし、ミックスもまだまだ、マスタリングもある
「急いでやらないと」と感じるんじゃなくて
「早く完成形が見たい」という純粋な気持ちでいっぱい

 
いつもきてくれるヒルコさんを送っていく途中
山手通りにのっかって
あ、山手通りといえば・・肉番長やん!と思い
ちょっとだけ会って、後何故か高円寺で天一食って

そんでまた東名高速のっかって

まさかの海老名リタイアをかまし
眠い眠い言いながら帰ってきました

 
 
2010年は去年よりも早い
加速がハンパない
もう9月末やんか、と思ったらまだ18日だった
でもたぶん月末も一瞬で
来週も高円寺でライブで
また1000kmの往復で

 
今計算したら
今年入ってから遠征だなんだで
ざっと7260km走ってるらしい
こまごました大阪移動とかあわせるともっとかな
東京、鳥取、名古屋、苗場・・

交代なしで・・ひとりで・・

7260kmというと
那覇から札幌まで往復するくらいの距離です

 
で、来週も1000kmプラスされて
10月13日も1000kmプラス
12月も1000kmプラス

個人的にバスや電車やで移動したのも合わせると
1万kmは超えたなぁ

よー走ったなぁ、そういう意味でも

1km走行するごとに10円口座に振りこんでくれるシステムとかないかな

 
でもまだまだいきます
まだいける
まだ若い

ボケてる場合じゃない
全部が全部全力で

作りたいものも山ほどある
行きたい場所も山ほどある
やりたいことも山ほどある
会いたいひとも山ほどいる

 
 
まだまだ、「満足」なんてのは程遠い
ずっと追いかけることに意味があるのだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です