展望

投稿日:

ついったーでいろいろ書いてしまって
熱くなったのでブログに書こうと思います

先日苗場でFUJI ROCKを見てきたわけです

規模のでかさに驚いたり
まぁいろいろあったわけですけども

なにより一番すごいなと思ったのが

あれは「まちおこし」なんです

お客さんが入らない場所とかも
ベンダーのわたしたちは見るわけで
bigcakeだったら
お酒の発注をするのは湯沢の酒屋だし
氷もそう、果物もそう
他の店舗もきっとそんな感じで
たとえば設営の業者も湯沢の人だったりするんだろう
12万人のうち、テント生活をする人もいるけど
近くの宿泊施設を使う人もいるし

 
 
何が言いたいかっていうと
都会で(都会じゃない人もいるかもしれないけど)稼いだお金を
FUJI ROCKの会場、湯沢で落としていくわけです

10tぐらいのでかいトラックの荷台に
ハイネケンの生ダルがぎゅうづめになってたり
シャトルバスだってそうだろうし
タクシーの運転手は
「FUJIの3日間で1ヶ月分ぐらい稼げる」って言ってた

 
 
都会で稼いだ金を
都会で落としてもなんも変わらない

地方で暮らしているのも人間で
生きていくのに仕事も金も必要

 
なんか
そういうのを考えて

微力ながら自分も何かできたらいいな、とか思った

CDが売れないこのご時世
あの手この手考えて
音楽そのものじゃなくて
パッケージに付加価値をつけたりして頑張ってる

 
まぁ、わたし自身
知名度もお金もあんましありませんので
なかなか企画どまりな事もたくさんありますけど

たとえば
kaninaでCDを出します
初回特典で、パッケージを木箱にします
その木箱を地方の林業をされているところに発注します
そしたらそれは仕事として
地方の方のお金になる

ただ、仕事として発注するだけじゃなくて
あれこれ一緒に考えながら
そういうことができたらいいなとか

今後、そういう活動ができればいいなとか

そんな風に考えています

ドサ回りする時も
ただライブをやっておしまい、とかじゃなくて
なにかこう
土地と土地をつなぐことができるようになればいいなとか

 
 
まだまだ、ですね

 
いい暮らしがしたいとか
私利私欲のための金なんてどうでもいい

でも
そうやって、目に見えないものを得るために使う金なら
いくらだってほしい

たぶん
わたしも全然勉強不足だから
わたしの知らないところで
頑張っている人がたくさんいるんだろうな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です