myself and yourself

投稿日:

人を大事にするってことは
とても難しいこと

それでも
仲間や友達は、自分なりに大事にしてるつもり

つもり、なだけかもしれない

 
 
まわりまわって自分に返ってくることだから

結局は自分の事しか考えていないのかもしれない

 
 
SOSを出すのが苦手なわたしは

辛いな、と思ったときに
「なんでみんな助けてくれないの?」
「わたしはあなたを助けたのに」
だなんて思ってしまった

 
それが、すごく

情けないと思った

 
やっぱり人を人と思ってなかったのかもしれない

負のちからのほうが大きく感じてしまうもの
 
 
 
 
仲間ってそんなんじゃない
 
 
立ち止まらせてくれただけで
それだけでいいのかもしれない

 
 
いっぱいのありがとうとか
いっぱいのおめでとうとか

言っても言っても足りない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です