手羽先

投稿日:


例の28mmのレンズで
やっぱなんか青い
でもちょっと好きになってきた

昨日の抜歯で
顔が腫れてる
酒もたばこも風呂も禁止といわれたけど
全部やぶってすいません


生活が完全に逆転してしまって
朝8時だとかに寝て
夕方起きる
明るい時間の写真ということは
寝る前、ということです


広角っぽい
まぁ広角なんですけど
部屋汚くてすいません
でもよしおはなんか勇ましい感じ


寝る寸前に
下から見上げた感じがなんかいいなと思って
でもよしおがなかなか顔出してくれなかった

手羽先をむさぼり食うホームパーティにおよばれ
18時くらいからね、と言われたのに
家を出たのが18時
年々時間のルーズさがひどくなってきてる気がする

気づけば季節は移り変わっていて
18時でもけっこう明るい


初めてお会いしたのらねこさん
近所にはかなりたくさんのらねこさんがいるみたい
黒いのやらサバトラやらいろいろ


完全に警戒されてた
まぁ、そりゃそうですよね
のらねこってそういうものだ


嫌だったみたいで
路地へ入って行ってしまいました
ちゃんと絞ったつもりだったけども
ゴミ箱にピンがきてる、へたっぴ加減


キレイな夕焼けだった
太陽がてっぺんにあるときは
白く見えるのに
沈むと赤くなるのは
なんでだろう


駅は好き
理由はわからないけど
なんか好き
縦横にいろんな線が見えるのが好き


ずーっと昔から疑問なことがある
オレンジ色と、青色を混ぜると
緑色になるのに
朝焼けとか夕焼けとか
緑色にならない
ずっと不思議に思ってる
そして、オレンジ色と青色の混じる絵を
ずっと、描きたいと思ってる
ぶちねこぽっけのラストで
なんとかちょっと描けた気がするけど
デジタルじゃなくて紙に絵の具で描きたい


電車も、好き
嫌いだけど好き
通勤だとか、そういう目的だったり混んでたりすると嫌い
でも人があんまいない電車は好き


電車と夕焼けと線とか
線とか
京阪電車沿線出身で
電車は全部緑なんだと思ってた
でもそうじゃなくて
驚いたこともあった、昔々の話


なんか気になった景色だった
ポチポチ明かりが星みたいだった


高いとこ
ちょうどカメラを固定できそうなとこがあったので
2秒とかでシャッターきってみた
光の線は飛行機

手羽先をむさぼり食う会場へ
世界の山ちゃんの手羽先が山盛り

30年間生きてきて
初めて、正しい手羽先の食べ方を教わった
これが画期的というか、衝撃的だった
こんなに美しく食べることができるのか


中にりんごがまるごと入ったバウムクーヘン
メシ的なものより甘いものがたくさんで
手羽先→ラスク→手羽先→おたべ→どて煮→バウムクーヘンとか
なかなかカオスな食べ方


そして手羽先
あんましおいしそうに撮れなくてすいません
あそっか、WBがマニュアルじゃなくてここでCTEのタイミングだったんだわ


終電で帰宅
翌日の夜までもつくらいに食べようと思って
さんざん手羽先を食べまくったので
もう満腹です

ずーっと
もやもやしている
人に会っているときは
あんまし何も考えなくていいから
いいのだけど

なんか、もやもやしている

自分は
ほんとに何もできないのだなぁと
そんな風に思ってしまう

これはただの生活の記録

思想のある音楽を創りたいのだけど
それを音だけで表現できないから
言葉とか、いろいろなものに頼っていたり

あれもやりたい
これもやりたいっていう気持ちがあって
それに良いも悪いもないはずなのに

 
 
自分の中に
払拭しきれていないものがある
それがどうとか
不必要なものだというのもわかっているけど

壁になっている

気にするほどのことでもないのにね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です