「いなくなれ」

投稿日:

僕がどれだけ
手を伸ばしても
僕のもとを去っていった人
優しい嘘をくれて
去っていった人
ああ、僕は
いらない人間なんだ
ああ、僕なんか
いなくなればいいんだ
今でも、そう思うこともあるよ
だけど
本当はそれじゃ駄目なんだ
僕が
「去っていった」と思っている人は
「去っていった」のではないんだ
その人自身の道を
僕とは交わらない道を
歩き始めただけなんだ
僕がこの世界に「いらない人間」になったわけではないんだ
僕の声を
好きだと言ってくれる人がいる
僕の世界を
好きだと言ってくれる人がいる
僕はまだ生きていてもいいみたいだ
去っていった人を
「去っていった人」とおもっているうちは
寂しさや孤独感は消えない
去っていった人は
「去っていった人」ではなく
「自分の道を歩いている人」なんだ
いつか
僕も
ひとりで歩けますように
君が
その手を離す日を
受け入れられますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です