曇りのち霧雨。園芸。

投稿日:

今日は銀行やら逝ったあと、庭の木を散髪した。
南天の木がめっさ茂ってて。
ちょこっと散髪。
本当は木を切るのは好きじゃない。
めんどくさいとか虫がどうのってことじゃなくて
そこまで、せっかく茂ったのに切ってしまうのは残酷やと思うから。
枝がお隣さんのとこまで伸びて迷惑・・とか
人間の都合ばっかりおしつけたくない。
でも、切ったんやけど。
んで、その後、その木の下の箱庭をちょっと掃除して
野菜を少々植えた。
きゅうり2本、継ぎ木してあるトマトを2本
ししとう、ヘチマ、ゴーヤ各1本。
土を耕して。
その時たぶん数匹の虫が犠牲になったと思う。
エゴやなぁ・・・と思いながら。
エゴなんやったら自覚してあたしは支配しようと思った。
ほったらかしにしてた箱庭を侵略して支配。
んで、植民地にした。
土を肥えさせるためにミミズとバクテリアを酷使する。
たまにダンゴムシが反乱をおこして
野菜の葉っぱをたべてしまう。
でも、こんな侵略→支配の作業がなんか楽しかった。
切った葉の緑々した匂いと
裏庭から流れてくるジャスミンの匂いの中で。
昔はよく園芸した。
冬にチューリップの球根を植えて
春先には咲いて。
その後また野菜を植えて
夏には収穫。
イモも植えたことあったなぁ。
でも庭が狭いのでちっこいイモしかとれへんかった。
んで、園芸で謎なことがあったら
おばあちゃんに聞いて・・
おばあちゃん、ボケてたけど
園芸のこととか、ぬか床のこととかは
ちゃんと答えてくれたなぁ・・
あ、今思い出した。
朝顔植えよう。
裏庭のジャスミンをちょっと切ってきて
部屋に飾った。
めっさいい匂い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です